FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
2007 京阪神旅情編 ②関西学院大学西宮上ヶ原キャンパス
≪①神戸大学(六甲台)京都合宿目次③大阪大学(豊中)≫


関西学院大学西宮上ヶ原 (58)


 阪急神戸線『普通:梅田行』で六甲駅を発車し、途中の西宮北口駅で阪急今津線『普通:宝塚行』に乗り換え、甲東園駅に着きました。この駅が、関西学院大学西宮上ヶ原キャンパスの最寄り駅となります。駅から大学までは、歩いていくことにしました。

甲東園駅 (5)



 ところで、学食研究会の極意に、次のようなものがあります(→詳細はこちら)。

七、 帰路は、其処の学生について行くべし 思わぬ近道が発見できるかもしれん

 今回は帰路ではありませんでしたが、関学生っぽい人が結構いたので、この極意を使ってついていくことにしました。神戸大同様、駅から大学までは急な坂・階段道が続いており、さらに複雑に入り組んでいました。その中を迷わずに無事通り抜けられたのは、ひとえに極意のおかげであるに違いありません。

無題1


 複雑な坂道・階段道を越すと、並木に囲まれた、広く上品な道路に出ます。その沿道には西宮市立甲陵中学校と兵庫県立西宮高校があり、この道路の終点が関西学院大学の正門です。このように、この一帯は閑静な文教地区になっていました。

関西学院大学西宮上ヶ原 (3)


関西学院大学西宮上ヶ原 (7)
正門


 ところで、私は学食研究会に入るまで、関西大学の「関西」は「かんさい」と読み、関西学院大学の「関西」は「かんせい」と読む、ということを全く知りませんでした。

又、慶応大学三田キャンパスの「三田」は「みた」と読み、関西学院大学の神戸三田キャンパスの「三田」は「さんだ」と読むそうですね。関学は、関東の人間にとっては難読大学ですよね…。


 さて正門くぐった瞬間、その独特の雰囲気に驚きました。非常に開放的で、広々とした空間が広がり、その周りには上品で格調高い建物が建っているという、エレガントなキャンパスです。

関西学院大学西宮上ヶ原 (12)


 時計台の前には芝生が広がっています。丁度この日は大学院か何かの卒業式だったそうで、記念写真の撮影もやっていました。

関西学院大学西宮上ヶ原 (57)


 折角の広い芝生なので野球でもやりたくなってしまいますが、こんな看板が立っているのでもちろんやれません。

関西学院大学西宮上ヶ原 (62)


 何故か、木の棒とボールがセットで落ちていましたけどね。




 キャンパス内には生協がいくつかありましたが、そのうちの1つは木々で囲まれた公園のようなスペースにありました。

 この一画には木のテーブルとベンチまでもあり、ここで休憩した我々はピクニックをしているかのような気分になるぐらい気持ちの良い場所でした。

関西学院大学西宮上ヶ原 (14)


関西学院大学西宮上ヶ原 (19)

 
 ただ、写真を見ると分かるかと思いますが、各テーブル・ベンチのバックには看板がそれぞれ貼ってあります。これは何だろうとメンバーで討論した結果、各サークルのスペースであることを示しているのではないか、という結論が出ました。つまり、早稲田で言うところのラウンジ(サークルで集まれる場所)としてここが使用されているのではないでしょうか?



 それでは、学食の報告に参ります。生協食堂以外にも、ラーメン屋やステーキ屋なども入店しています。

関西学院大学西宮上ヶ原 (43)
こちらはラーメン屋。なぜか絵文字を使用。

☆ 基本情報
 食堂名:生協食堂 BIG PAPA
 会計:食券
 品数:約25品
 座数:たくさん
 営業時間:11:00~14:30 カフェテリアは11:30~14:00(麺コーナーは10:15~)
 下膳設備:不明

関西学院大学西宮上ヶ原 (55)
食券販売場は映画館の券売場のような雰囲気

関西学院大学西宮上ヶ原 (52)


 営業時間の関係で、食べることは出来ませんでした。

 しかし、関西学院大学ののどかな雰囲気で英気を養った我々は、大阪大学豊中キャンパスへ向かって再び出発しました。

関西学院大学西宮上ヶ原 (35)


≪①神戸大学(六甲台)京都合宿目次③大阪大学(豊中)


執筆:構成員J

スポンサーサイト

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

【2007/10/19 17:28 】
兵庫
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。