スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
2007/11/17 中央大学多摩キャンパス(和おん)
中央大学多摩 (4)

 1年の構成員Jです。11月17日(土)、学食のメッカ・中央大学多摩キャンパスへ遂に行ってきました!志望していないにもかかわらず、私がここに来るのは何故か5回目なんですね。

京王多摩動物公園駅


 集合は京王線の多摩動物公園駅でした。私は1回だけ、この駅から直接中大へ行ったことがあったのですがすっかり道を忘れてしまい、結局、明星大学日野キャンパスを迂回して中大へ向かいました。明星大はキャンパス全面再開発中だそうで、綺麗な校舎だらけでした。

明星大学日野 (11)


明星大学日野 (19)



 多摩モノレール中央大学・明星大学駅への直結通路を通り、駅構内を通り過ぎると目の前が中央大学。非常に広大なキャンパスです。中央大学の代名詞である「白門」を意識してか、建物が真っ白というのも強烈です。

中央大学多摩 (49)


中央大学多摩 (12)


 かつての駿河台キャンパスから撤退して、ここ多摩キャンパスに移転したのが昭和53年(1978年)のこと。それから30年近く経っているだけあって、キャンパス内の建物は老朽化がみられます。そこで、平成22年(2010年)に中央大学創立125周年を迎えることを記念して、現在、記念事業の一環としてキャンパス再開発を実施しているそうです。

中央大学多摩 (9)
2号館

 その一環で設立されたのが、一部でその名が知られている「多摩学生研究棟(炎の塔)」です。

中央大学多摩 (44)


 近くにあったプレートによると、別に炎をモチーフにしたわけではなく、「難関の国家試験の克服に向け、不動の決意をもって、炎のように燃える情熱をもってこれに当たられるよう、これをもって「炎の塔」と称することとした。」とのことでした。

中央大学多摩 (40)


 横から見ると、相当奥行がある建物なんですね。「どう考えても『塔』じゃないよね。」という指摘がメンバー内から噴出しました。

 このプレートによると、炎の塔は125周年記念事業として5年前の平成14年(2002年)に完成したそうです。早稲田が125周年を迎えたのは今年なので、中大は早稲田より歴史があるんだ~と思いましたが、先述のように125周年は平成22年なんですね。ずいぶん気合が入っているようです。




 立地が周りに何もない山の中だけあって、購買(生協)や学食が異常に充実していることでも有名です。生協では、同じフロアで大学グッズやパソコン機具、駄菓子、CD・DVDを置いてあるなど、その充実ぶりには頭が下がりました。


 学食は4階建ての学食専用棟・ヒルトップ’78と、キャンパス内にも点在して存在しています。テナントを一覧にしてみますね。


ヒルトップ’78
 <4階>
  和おん(生協:うどん屋)
  マクドナルド
  四季(生協:和定食屋)
 <3階>
  芭巣亭
 <2階>
  カフェテリア(生協)
  喫茶ふらっと(生協)
  喫茶テラス (生協)
  コパン(生協:販売)
 <1階>
  レストランコープ (生協)
  ニードショップ(生協:販売のみ)
  トム・ボーイ(生協:ハンバーガーショップ)

Cスクエア
  リーフカフェ

バスターミナル
  芭巣亭


 ものすごい数がありますね…。ただ、意外にも生協が経営している食堂が多いです。生協はすごいですね!

 実は、私の手元に平成16年時点での多摩キャンパスの学生食堂一覧表があります。これと現在の店舗を比較すると、3階には中華専門店「スエヒロ」が入っていたそうですが、現在は「芭巣亭」に変わっています。

 又、4階が以下のように変わっています(平成16年→現在:現在の座席数は中大HPより)。

マクドナルド(564席)・四季(170席)→マクドナルド(396席)・四季(170席)・和おん(504席 ※我々の調査では552席)

 つまり、マクドナルドの座席数が減って、そこに「和おん」がにオープンしたようですね(オープンは平成16年10月:広報誌「Hakumon ちゅうおう」2006年春季号より)。当時は中大の店舗は日本一座席数の多いマクドナルドだ、とのことでしたが、今はどうなったのでしょうか?



 学食研究会らしく考察をしてみたところで、学食報告に参ります。今回は、その「和おん」です。

☆ 基本情報
 食堂名:本格さぬきうどん 和おん(生協食堂)
 会計:レジ
 品数:41品
 座数:552席
 営業時間:11:00~14:30 ※日曜・祝日は休み、土曜日は週による
 下膳設備:コンベアー方式

中央大学多摩 (31)


☆ 調査結果
豚骨みそつけうどん(大盛)(400円)

中央大学多摩 (27)


豚骨+みそダレ+つけめんという、ラーメンの専門店っぽいエッセンスをうどんに応用したメニュー。ラーメン好きは飛びつくよね。しかし、麺をゆでた後に冷水で締めていないため、麺がくたっとしている。

雰囲気
和風で明るく清潔。
中央の学生は、さすがMARCHなだけあって見た目もかなり「中の上」だね。

諸情報
多摩動物公園駅(京王)から行くと道が分かりにくい。明星大学の中を通ってしまった。

味:2.8 量:3 値段:3.5 雰囲気:4 健康:2.5 平均:3.2

調査員:勝川





牛スキ煮卵とじ丼(430円)

中央大学多摩 (30)


スキ焼き風の牛+ネギ+ゴボウ+ニラの上に半熟卵。量はそこそこあってミソ汁も付いていてお得感。普通においしいと思う。味付は薄め~丁度良。ミソ汁は濃い。

雰囲気
大きな窓と大自然と薄黄色の照明で明るくて清潔感がある。景色がいい。広い。

諸情報
とにかく広くて大自然。食堂が沢山あって一件一件メニューも豊富。生協も駄菓子フェアをやっていて充実。これなら山でも十分やっていける。同じ山なら人科もこれくらい頑張ってほしい。

味:3.7 量:3.7 値段:3.5 雰囲気:4.5 健康:3 平均:3.7

調査員:りっこ





ゴマだれ(大もり)つけうどん(330円)

中央大学多摩 (25)


麺が太い。割にコシが弱い。量は多いというほどではない。ゆでた後、水でしめてないので、つけ麺のあつ盛状態。つけダレは市販のもののように甘くはなくある意味自然な感じ。しいたけは共に具材がやわらかくとてもおいしい。

天ぷら(しいたけ・はす)(130円)

 しいたけ・はす共に具材がやわらかくとてもおいしい。

雰囲気
なんかシャレた感じ。ゆとりのあるスペースと落ちついた感じ。

諸情報
・こんな大学に通いたい(多摩じゃなければ)
・緑がいっぱい

味:2 量:2 値段:3 雰囲気:4 健康:4 平均:3.0

調査員:KTB





カレー(380円)

中央大学多摩 (28)


キャベツも入っていて美味しかった。

かけうどん(180円)

中央大学多摩 (29)

 あっさりした味で美味しかった。

雰囲気
オシャレな雰囲気

諸情報
天上高い。

味:4 量:3 値段:2 雰囲気:3 健康:3 平均:3.0

調査員:増成





海鮮かきあげ丼(380円)

中央大学多摩 (26)


かきあげが冷めたい。小さなえびといかが入っていたが、それほど海鮮という感じはしない。

雰囲気
広くて開放的。割ときれい。

諸情報
多摩モノレールの駅から近く便利。

味:2.5 量:2.5 値段:3 雰囲気:3 健康:2.5 平均:2.7

調査員:茂木





さぬきミート並(380円)

中央大学多摩 (24)


うどんの上にミートソースがかかっている。卵ものっているが、結構固まっているのでくずしてもドロドロにならなくてよい。
奇抜なメニューであり、やはり味はいまいち。ミートソースの主張の強い味が、うどんの穏健的な味にマッチしていない。

雰囲気
とても広い。綺麗。
実は生協の学食である。
「今週のフェア」ということで、毎週メニューを変えているらしい。

諸情報
相変わらず広いキャンパスである。「大学に学食が付属している」のではなく、「学食に大学が付属している」という、たしか「大学図鑑」にのっていた言葉はその通りである。
高幡不動駅から多摩動物公園駅まで走ったのは無謀であった。

味:2 量:2 値段:3 雰囲気:4 健康:4 平均:3.0

調査員:構成員J





 6名全員分の平均点です。
味:2.83 量:2.70 値段:3.00 雰囲気:3.75 健康:3.17 平均:3.09


 今回は珍しくデータ分析をしながら学食報告をしてみました。時間もかかって疲れましたが、学食というのは奥が深いなー、と改めて感じました。


人気blogランキング←クリックお願いします!


執筆:構成員J



スポンサーサイト

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

【2007/11/18 23:36 】
東京多摩
2007/11/14 慶應義塾大学信濃町キャンパス
慶應義塾大学信濃町


 毎度こんにちは。構成員Jですが、昨日14日は明治神宮野球大会の決勝戦(早稲田VS東洋)がありました。

 時間があった私は観戦に行ってしまったのですが、せっかくなので、試合開始前に信濃町駅前にある慶應義塾大学信濃町キャンパスに行ってきました。大学のキャンパスではなく、完全に病院でしたけどね。

 自主活動は学食研究会内のメールで報告される場合が多いのですが、幹事長の許可を頂いたのでブログにアップします。




慶應義塾大学信濃町 (4)
信濃町駅

 信濃町駅の改札を出て右へ進むと、道路を挟んで目の前が慶應義塾大学病院。さすが慶應だけあって、立地は抜群の良さです。長い信号が変わるのを待ち、正門をくぐると、今年5月下旬頃テレビによく映っていた景色が広がります。

慶應義塾大学信濃町 (2)
正門の右わきに建つ信濃町赤煉瓦館

 正面玄関の左わきには、レストラン「百花百桃」とスターバックスがあります。このレストラン、価格設定がお高め。

慶應義塾大学信濃町 (14)

慶應義塾大学信濃町 (15)
屋外スペースがあるリッチなスタバ

 そして正面玄関を入り、何故か病院の中へ。とその前に、携帯電話の電源はOFFに。

慶應義塾大学信濃町 (9)


 やっぱり古くからある病院だけあって、天井が低かったり、建物が汚かったりと、老朽化が感じられます。東京の大病院は、どこもこんな感じだから嫌になりますな。


 中央棟から地下に降り、少し離れた6号棟へ歩いて行くと、何とナチュラルローソンがありました。さらに、「レストランえん」という食堂も。この食堂は、結構古そうな雰囲気。


 今回は、中央棟地下1階にある「レストラン木村家」で食事をすることにしました。ここだけ最近改修したようで非常にきれいな店です。店内で食べるだけでなく、弁当やパンのテイクアウトもでき、そちらの方が賑わっていました。

 しかしこれは学食ではないですね…。平均の値段は1000円を超え、水やメニューを店員が持ってきてくれますからね。

☆ 基本情報
 食堂名:木村家
 会計:レジ(後払い)
 品数:16品+ドリンク多数
 座数:15席
 営業時間:月~土=8:00~17:00(第3土曜日は休み)

慶應義塾大学信濃町 (13)


☆ 調査結果
日替りランチ(甘鯛のソテーアサリソース)(1000円)

慶應義塾大学信濃町 (10)


ドリンク付なので、オレンジジュースにした。学食研の極意に反するが、仕方あるまい。注文してから料理が出てくるまで、あまり時間がかからなかった。

ソテーもサラダも大変おいしい。値段が高めであることを踏まえても、初めて学食研の評価で味を5点満点にしてしまう価値がある。最初はライスが少ないかな~と思ったが、意外と適切な量だった。以上のような味・量を考えると、この価格設定は妥当であるといえよう。

雰囲気
さすが慶應義塾大学病院である。きれい。カウンター席と厨房の間は、やや透明なガラスで仕切られており、厨房の音は聞こえてこない。

病院関係者なども若干来店している。さすが医療関係に従事する方々だけあって、ブルジョアだ。

諸情報
学食ではない。

大学野球を観戦する前に、こんな『ランチ』を食べることにはなるとは思わなかった。

味:5 量:4 値段:4 雰囲気:4 健康:4 平均:4.2

調査員:構成員J






 建物自体はきれいではないですが、ナチュラルローソンやスターバックス、充実した院内レストラン…。

 いくつかの病院に入院したことがある身としては、さすが慶應だけあって、かなり充実した院内設備だと言えると思います。



 今回は時間の関係上、キャンパス奥地の大学らしいと思われる部分は見学できなかったので、今回は完全に病院見学でした。ただ、慶應義塾の広報誌「塾 第254号」の「慶應義塾の「学食」今昔」というコーナーには、「信濃町キャンパス内の飲食施設としては中央棟地下の「木村家」~(略)~がある。」と書いてありますので、信濃町キャンパスの一施設とみて問題ないでしょう。

執筆:構成員J


テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

【2007/11/15 22:16 】
東京23区
10月17日 中央大学後楽園キャンパス
こんにちは。今日は幹事長が更新します。


前回の更新で「今までの3倍のスピードで更新する」と宣言しましたが、カンペキにウソでしたね!約1ヶ月前の活動報告を書きます。


中央大学後楽園キャンパスの話です。
SSCN1290.jpg

中央大学の学食と言えば、多摩キャンパスの4階建ての学食ですよね。そっちの方は今週末に行ってくるので、後楽園キャンパスは前哨戦と言ったところでしょうか。


ここのキャンパスは敷地内に付属の高校があるようで、高校生がたくさん居ました。
SSCN1302.jpg

高校を出てからまだ2年も経過していないのですが、高校生だったころはすでに遠い昔のような気がしてしまいます。やっぱり高校と大学には精神的に大きな隔たりがありますよね。

田舎の高校で育った僕としては東京のド真ん中の高校に通う彼らを見ると、遊び場がたくさんあって絶対勉強できないだろうなー、と思います。まあ都会だろうが田舎だろうが勉強ってのはやる奴はやるしやらない奴はやらないというのが真理であることに間違いは無いんですけど!


SSCN1291.jpg

奇抜な建物は見当たらず、比較的おとなしめのキャンパスでした。


学食は3号館と5号館に1つづつあり、今回は5号館の方にいきました。去年3号館の食堂に行ったんですけど、どちらも雰囲気、値段、メニューが似通っていました。最近、少子化で学食の経営が苦しくなってきたという話を聞きますが、増築してる大学もあるんですね。

SSCN1301.jpg


新しい割りに、慶應日吉に代表される生協系学食のようなオシャレさはなく、昔ながらの食堂って感じの雰囲気でした。新しくてキレイではあるんですけど。

また、食堂内にも高校生がたくさんいました。高校生のころから学食が食べれるなんて羨ましい限りです。僕の高校には「購買」ってのがあってパンが売ってただけでした……。

SSCN1292.jpg


☆ 基本情報
 食堂名:5号館食堂
 会計:食券
 座数:500
 営業時間:11:00~15:00(土日休み)

☆ 調査結果
唐揚げセット(430円)
SSCN1295.jpg


ごはん、みそ汁(あぶら揚げ)・唐揚げ・キャベツの千切り。唐揚げはでかい。タルタルソースが、かかっている。揚げたてなので、ジューシーで熱々でありおいしい。ただ、唐揚げにかけるソースがキヤベツを大量に浸食していたためキャベツが最後辛くなってしまった。

雰囲気
新しいだけあって、ゴージャスではないがきれい。高校生が多い。鉄板メニューや揚げ物は焼きたて・揚げたてで、クオリティーが高い。ただ、あっさりメニューが少ない。

諸情報
隣に中央大学高校がある。たしかここは、始業時間が10:20ごろと遅いはずである。その生徒が、キャンパスに多く居た。こうした点や、バスケコートがある点など、他大学の理工系キャンパスのイメージとは違う。

味:4.5 量:4 値段:4.5 雰囲気:4 健康:4 平均:4.2

調査員:構成員J




マーボ豆腐丼(380円)
SSCN1298.jpg


「丼」と言っているがビジュアルはカレー。何故かゆで卵とホウレン草のごまあえがつけ合せである。味は「カレーか!?」と一瞬思うほどコショウっ気が強く、辛い。というか味以前にとにかく辛い。豆腐は大きい粒のまま、ゴロゴロ入っている。

雰囲気
理工学部の食堂なので野郎ばっかりかと思いきや、女の子も普通にいるし、付属の高校生も使っていたので、雰囲気はそれなりによかった。早稲田のように騒がしくもなく、勉強に精を出す学生もいた。

諸情報
メニューは、そば、うどんなどのサッパリ系メニューとハンバーグ、カツ丼などのコッテリ系に二分されて、その中間の「ちょうどいいメニュー」というものがない。おかずやデザート類もないので、全体としてはメニュー数は少ないと思う。キャンパス内のほうは、緑が多くてちょっとした公園のような感じ。小さいが噴水もある。付属の高校も同じ敷地内にあるので、昼食のカップラーメンを持った生徒やジャージ姿の生徒が闊歩していてのどかな雰囲気がする。

味:2 量:3 値段:3 雰囲気:3 健康:3 平均:2.8

調査員:羽




カレーB(380円)
SSCN1294.jpg


ハヤシライスにキャベツの千切りとメンチカツは普通。揚げたてを希望。

雰囲気
地下の食堂だったけれど、ガラス張りで明るい雰囲気。親しみやすい感じがした。以外と女の子も想像よりも沢山いた。理工理工した雰囲気があまりしなかった。清潔感もある。

諸情報


味:3.6 量:3.7 値段:3 雰囲気:3.7 健康:3 平均:3.4

調査員:田中




ちくわ天 そば(280円)
SSCN1299.jpg


値段の割にはちゃんとしててよかったと思いました。ちくわってはじめて食べてみたんですけど、こんなもんかなと実感できました。満足。

雰囲気
早稲田の学食にくらべて、種類は少なめだが、全体的に安値でよかったです。早稲田はちょっぴり高級って感じを受けましたが中央のほうは、中学か航行の学食を思い出させておだやかな雰囲気でした。

諸情報
中央って、けっこう落ち着いてていかにも歴史ありって感じですね。早稲田にくらべてスペイスが空いてるって感じです。

味:5 量:5 値段:5 雰囲気:3 健康:3 平均:4.2

調査員:申恩栄




月見そば(250円)
SSCN1300.jpg


甘い。砂糖が入っている。めんがからまっていて食べにくい。大手チェーン店の富士そばの方がおいしい。

雰囲気
学生がやや暗め。食堂は清潔感がある。男子学生がかなり多い割に女子学生はタカビーではなかったので好感がもてた。

諸情報


味:1 量:3 値段:4 雰囲気:3 健康:4 平均:3.0

調査員:匿名希望




唐揚親子丼(400円)
SSCN1293.jpg


うまかった。値段が少し高いとは思うが味噌汁付きなので実は安い。

雰囲気
高校と同じキャンパスがなかなか多くて理系キャンパスっぽくなかった。

諸情報
広島人として言わせてもらえば、中央の「C」のマークは我らがカープのパクリ。

味:4 量:3 値段:3.5 雰囲気:4 健康:3 平均:3.5

調査員:糸




丼ぶりC(430円)
SSCN1297.jpg


全体的に量が多く。野菜もキャベツ、ポテトサラダと揃い。バランスがよかった。カツもサクッとしていて美味しかった。

雰囲気
ピンク基調の綺麗な感じの学食だった。雰囲気はかなり良いと思う。

諸情報
後楽園駅より徒歩3分、学食は東門から奥に入ったところにある。丼物、ランチのメニューが豊富。ただかなり重いものorかなり軽いものの両極端で昼に軽くお腹を満たしたい場合には少し不便。女性には少々不向きな品揃えかもしれない。

味:4.2 量:4.4 値段:3 雰囲気:4 健康:2.2 平均:3.6

調査員:㊥






みんなの平均です。
味:3.47 量:3.74 値段:3.71 雰囲気:3.54 健康:3.19 平均:3.53

written by 勝川幹事長



人気blogランキング←クリックお願いします!

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

【2007/11/11 13:53 】
東京23区
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。