スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
2008 1/25 東京慈恵会医科大学西新橋キャンパス
東京慈恵会医科大学西新橋


 平成20年1月25日(金)、共立薬科大学芝キャンパスでの活動のあと、東京慈恵会医科大学西新橋キャンパスへ行きました。大学令に基づく日本の私立旧制大学の中では、最古の単科医科大学だそうです。

 1年生が調布市の国領キャンパスで学び、一部学科を除く2~6年生と大学院がここ西新橋キャンパスを使っているそうです。東京慈恵会医科大学付属病院の反対側に大学があります。

東京慈恵会医科大学西新橋 (2)


東京慈恵会医科大学西新橋 (19)
ずいぶん重厚な外観

 外観通り、中はかなり時代を感じさせる建物です。しかし所々に事務関連の最新機械が置いてあり、今でも現役の建物であることを感じさせてくれます。

東京慈恵会医科大学西新橋 (18)


東京慈恵会医科大学西新橋 (5)


東京慈恵会医科大学西新橋 (4)
中庭にはバスケコートがある


 歩いていると、突然隣接の中央棟に入ります。ここは大学というよりも既に病院のようです。病院とは思えないぐらいの、非常に綺麗な建物でした。

東京慈恵会医科大学西新橋 (6)

東京慈恵会医科大学西新橋 (7)
フラワーショップあり。


 さて学食調査ですが、先述したように大学と病院が一体になったつくりですので、どれが学食でどれが院内食堂なのか判別できませんでした。そこで慈恵大生に尋ねてみたところ、ここには学食はなく院内食堂しかないとのことでした…。病院を併設している大学は、どこもこういうパターンですな。

 それでも、オープンしてまもない「ベーカリーカフェ」というところを調査しました。

☆ 基本情報
 食堂名:ベーカリーカフェ
 会計:レジ
 品数:不明
 座数:不明
 営業時間:不明
 下膳設備:トレーごと返却方式

東京慈恵会医科大学西新橋 (8)

東京慈恵会医科大学西新橋 (15)


☆ 調査結果
あんどーなつ(やきたて)(60円)

東京慈恵会医科大学西新橋 (11)


うまい。やきたてだからほかほかサクサク。

水=ハヤツさんがDQNなことにとなりのそばやからもってきてくれました。
ねだんもてごろ。

ミックスピザ(150円)

うまい。でも高いよね。

雰囲気
超ファッショナブル。ここまで斬新なのは初めて見た。
半個室、コンセント付、可動式の机など今までにはないスタイル。

諸情報
医学部の女の子というと、タカビーなイメージだったが、結構フツ―の(しかもかわいい)子が多くてビックリした。
なぜかB系の男もいた…。

味:3.5 量:3 値段:2.5 雰囲気:5 健康:3.5 平均:3.5

調査員:わ





紅茶マフィン(150円)

東京慈恵会医科大学西新橋 (14)


外は少し固くて中はふわふわしていた。
ちょうどいい甘さだった。

ケーキアンドドーナツ(60円)

焼きたてだったこともあるが、外はカリカリしていた。中味はこしあん。砂糖が大量にまぶしてあって、砂を吐く甘さだった…。

合計金額=若干紅茶マフィンが高いような気がする。確か早稲田の紅茶マフィンは120円だったと思う。

雰囲気
地下にあるが明るい雰囲気。白と緑が基調になっている空間。面白い形のイスやテーブルが置いてある。

諸情報
古い建物と新しい建物がつながっていて迷路のようになっている。

味:3.5 量:3 値段:3 雰囲気:4 健康:3 平均:3.3

調査員:羽





カボチャパン(130円)

東京慈恵会医科大学西新橋 (12)


ふつうにおいしかった。
外皮のパンがカリカリで中がカボチャのクリーム。
幸せな気持ちになれました(笑) また食べたい。

お茶=そば屋の中にある ふつう。

雰囲気
何よりも座子と机が最高!
葉をイメージした造り。

諸情報
店の前で茶碗を売っていた。イセサキという名匠が作った茶碗らしい。飯処は8Fと地下のそば屋。
中にバスケコートがあった。
病院ととなり合ってる。

味:4.5 量:3 値段:3 雰囲気:5 健康:3 平均:3.7

調査員:ハヤツ





モッチドーナツカボチャ(60円)

東京慈恵会医科大学西新橋 (13)


やや油っこいが甘さと生地のバランスがわりとよい。60円なら、なかなか良いと思う。

モッチドーナツクリ(60円)

上にほぼ同じ。味に違いはあまりない。

雰囲気
モダンでおしゃれな内装。病院だけあって集団で飲食するようにはできていない。

諸情報
ここは学食なのか?

味:4 量:3 値段:3 雰囲気:4 健康:2 平均:3.2

調査員:佐々木





鳴門金時パイ(135円)
東京慈恵会医科大学西新橋 (10)



鳴門金時芋を使用したパイ。程よいサイズであり甘さ。
150円と出ているのに請求は135円だった。バーコードをスキャンしていたので、正しいようだが。

雰囲気
言葉では言い表せないほど綺麗でシャレたデザイン。洋食であるパン屋と和食のそば屋が見事マッチしている。
外来患者にとっては大変嬉しいことである。

諸情報
大学本館は老朽化が著しい。大学と病院がつながっている。

味:4 量:3 値段:3 雰囲気:5 健康:4 平均:3.8

調査員:構成員J





 ここお店はその場で食べることもできますし、テイクアウトも可能です。頻繁に「○○パン焼きたてでーす!!」という声が飛び交っており、活気がありました。普通のパン屋にはないような、やや変わったパンが多いメニュー構成だと思います。

 では、5名の平均値を見てみましょう!

味:3.9 量:3.00 値段:2.90 雰囲気:4.60 健康:3.10 平均:3.50


 雰囲気点がダントツに高いですね~。和と洋が調和した素晴らしい空間でした。

執筆:構成員J



スポンサーサイト

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

【2008/01/30 09:40 】
東京23区
2008 1/25 共立薬科大学芝キャンパス
共立薬科大学芝 (23)


 構成員Jです。平成20年1月25日(金)、4月に慶應義塾大学薬学部となる共立薬科大学の芝キャンパスで活動しました。

 今回は都営地下鉄三田線御成門駅に集合しました。他に、JR浜松町駅と地下鉄大門駅が最寄り駅です。

御成門駅 (4)


 近くには東京タワーがハッキリと見えます。やはり綺麗ですね。

御成門駅 (3)


 校舎は割と最近新築されたようで、非常に綺麗です。至る所にある「共立薬科大学」の文字を「慶應義塾大学」と書きかえるのが勿体ないぐらいです。

共立薬科大学芝


 中に入ると事務カウンターなどがある吹き抜けの空間があり、たくさんの共薬生の憩いの場となっているようです。2階の学食から見下ろせます。

共立薬科大学芝 (22)


共立薬科大学芝 (4)
元共立薬科大学顧問 牧野元次郎の像



 さて気になる学食ですが、生協の運営ではありません。掲示文書には「学生課」の署名があるので、学生課が運営者となっているのかもしれませんが、慶應義塾と合併した後は生協運営になるのかどうか、やや気になるところです。

 入口には食器の捜索願が掲出されていました。

共立薬科大学芝 (11)


☆ 基本情報
 食堂名:学生食堂(運営者=学生課?)
 会計:食券
 品数:14品
 座数:不明
 営業時間:月~金=11:30~14:00、17:30~20:00 土=11:30~14:00
 下膳設備:下膳場にトレーごと置く形式

 学生料金と一般料金の2つの価格設定がされており、一般は学生より100円程割増です。両方を併記すると煩雑になるため、学生料金のみを記載します。

共立薬科大学芝 (21)


☆ 調査結果
ワンタンメン(300円)
共立薬科大学芝 (19)



今日のおすすめラーメンでした。とってもおいしかったです。量もちょうどよくて満足です

雰囲気
アットホームな感じでおもしろかったです。
大きなガラスの窓でライトも明るくてにぎやかでした!

諸情報
一般と学生の値段がちがう×o×

味:5 量:3 値段:5 雰囲気:5 健康:4 平均:4.4

調査員:あきえ





スパゲッティー(300円)
共立薬科大学芝 (20)



めんが短く、食べにくい。
そこそこ、イケる。しかし、ヘビーである。

雰囲気
明るく、きれいな場所である。
あまりチャラチャラしていない。まじめそうであった。

諸情報
国試前と思われる。学生さんが、青い顔をして食堂で、勉強していた。

味:2.5 量:2.5 値段:3 雰囲気:5 健康:2 平均:3.0

調査員:とくめー





A定食(380円)
共立薬科大学芝 (17)



ハッシュドビーフ、ライス、みそ汁
なぜかメン入り。基本ハヤシライス。というかハヤシメン ハヤシウドン。
値段相応の味。
合計金額=安上がりでよい。が、メニューが少ない。毎日は飽きる。

雰囲気
小ぎれいでにぎやか。規模は小さめ。
ホルムアルデヒド。

諸情報
地下が薬臭い

味:2.8 量:3.5 値段:4.2 雰囲気:3.9 健康:3.8 平均:3.6

調査員:佐々木





B定食(白身魚のタルタルソース)(380円)
共立薬科大学芝 (15)



魚の切り身が分厚くてお得感があるが、味は少々しょっぱい。しかしタルタルソースがまろやかなので、バランスはとれていると思う。ブロッコリーと人参が付け合わせてあって、見た目はキレイ。

雰囲気
小じんまりとしていて、二松学舎と似たような感じがするが、けっこうにぎやか。照明が多く、明かりとりのガラス窓も大きいので、明るく清潔感にあふれている。しかし「食器捜索」なる貼り紙が…。誰が食器を持っていくのだろうか?

諸情報
キャンパスは3つほどのビルだが、周囲のオフィス街に完全に溶けこんでいて、ぱっと見では気づかない。地上は明るく清潔感にあふれているが、地下の教室へ行くと「いかにも」な雰囲気がただよっている。「学生の白衣着たまま外出は禁止」という貼り紙に爆笑^o^

味:3.5 量:3 値段:3 雰囲気:4 健康:4 平均:3.5

調査員:羽





B定食(白身魚のタルタルソース)(380円)


魚・人参3つ・ブロッコリー3つ・ご飯・味噌汁より。人参とブロッコリーが嫌いな私には、拷問に近いメニューであったが学食研極意に従って完食した。
上記事情により、味の評価は人参・ブロッコリーの存在を除外してつけた。白身魚にはタルタルソースではなく、ゆで卵をくずしたものがかかっており、味はいまいち。
味噌汁が上手いので味は1点+。

雰囲気
学校自体が小スケールなので、学食もそんなに広くない。未来の慶応ボーイ・慶應ガールはみんな仲が良いようである
新築のようで非常に綺麗。暖房の設定温度が高すぎるのか暑い。
電子レンジあり。

諸情報
小さな売店が学食に併設されている。ナースサンダルや白衣などが販売されている。

味:2 量:2 値段:2 雰囲気:4 健康:5 平均:3.0

調査員:構成員J





ロコモコ丼(380円)
共立薬科大学芝 (18)



社会人は500円。丼というチケットを買うとロコモコ丼がついてきます。
お茶・お水=ボタン押して、液体を出すタイプ。ふつうの味。

雰囲気
結構チャらいかんじでした。でも外見はチャらいが勉強されてる方が多数。イケメンで勉強できるってカッコイイすね。
おくはご老人が多かった。

諸情報
学生(500)と社会人(380)はメニューの値段が別々。
下膳口がしょぼいです。棚に置くかんじでした。スプーンとかは水の中にぶチコムタイプでした。
昼でもけっこう空いてました。
しゅーしょくのスイセン会社がかかげられてた。

味:2.8 量:3 値段:3.5 雰囲気:4 健康:3 平均:3.3

調査員:ハヤツ





ロコモコ丼(380円)


ハンバーグは、ありがちな味でしたね。デミグラス風ソースが好みの分かれるところだと思います。

雰囲気
学生の身長が低い気がする。
食堂には女の子がたくさんいて、にぎやかです。目白大とかとはまた違った適度なにぎやかさでした。

諸情報
KO大に吸収されるらしいね。ってことは共立薬科卒はKO卒になるのか?やかひ。

味:2.5 量:2.8 値段:4 雰囲気:3 健康:3 平均:3.1

調査員:勝川





 7名の平均値を算出してみました。
味:3.01 量:2.83 値段:3.53 雰囲気:4.13 健康:3.54 平均:3.41


 共立薬科は1996年まで女子大だったためか、女子学生が多いと思うのですが、「量」が少ないのは女子大生が多いことに配慮してのことなのではないかなと感じます。

 このあと、近くの東京慈恵会医科大学西新橋キャンパスへ行きました。報告は後日掲載します。

執筆:構成員J



テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

【2008/01/28 18:29 】
東京23区
2008 1/21 明治大学駿河台キャンパス(スカイラウンジ暁)
明治大学駿河台 (35)


 こんにちは。構成員Jです。1月21日(月)、今年初めての学食調査活動を明治大学駿河台キャンパスにて実施しました。


続きを読む

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

【2008/01/22 10:15 】
東京23区
リニューアルしました
 新年明けましておめでとうございます。構成員Jです。


 本日正午、大学学生食堂レポート 学食研究会ブログをリニューアルしました。大学別の学食報告の索引を設け、又、若干乱れていたデザインを整えるなどの改良を施しました。



 せっかくの機会ですので、これまでの学食研ブログについて振り返ります。


平成18年4月頃公開開始
 平成17年3月から日付はありますが、実際は18年4月ごろからの公開。
 当初あまりブログは使われていなかったらしい。

平成18年12月20日
 現幹事長が就任して、活動報告をブログで行うようになったためブログの更新頻度が向上。現在のこのブログの礎ですね。

この頃のデザイン
 私が初めてこのブログを見たのは平成19年3月22日頃なのですが、当時のデザインはこれでした。FC2ブログのテンプレートを普通に使用していたわけですね。

学食研究会ブログ(~平成19年6・7月)

↑当時のデザインそのものではなく再現したもの


 当時のタイトルは「早稲田大学学食研究会・活動報告(仮)」であり、この年の6・7月頃までこのデザイン・タイトルでした。

平成19年6・7月頃~20年1月13日
 HP・ブログ担当の蜜さんが作成したこちらのデザインが使用されていました。

学食研究会ブログ(平成19年6・7月~20年1月13日)
 
 HPのデザインと統一させ、HPとブログに一体感が生まれたのです。


 歴史を感じますね。この歴史の重みを感じながら、今後ともブログを発展させて参りますので、どうぞよろしくお願いします。

執筆:構成員J


【2008/01/13 12:00 】
雑談
合宿・ハイク・その他イベント
合宿早稲田祭ハイク学食ゼミ

合宿
平成11年度
 春合宿(東北)
  学食研究会初の合宿らしい。
  何泊何日かは不明
  東北大学川内北キャンパス・県立宮城大学を調査。松島も観光した模様。
平成12年度
 不明
平成13年度
 不明
平成14年度
 夏合宿(京都)
 春合宿(大阪)
平成15年度
 夏合宿(長野)
  山梨大学
  信州大学 松本西長野若里
 春合宿(名古屋)<3月1~3日>
  静岡大学
  名古屋大学東山キャンパス
  南山大学名古屋キャンパス
平成16年度
 夏合宿(仙台)<8月3・4日>
  東北大や東北学院大など
 春合宿は実施せず
平成17年度
 実施せず
平成18年度
 実施せず
平成19年度
 夏合宿(京都)<9月19~21日>
 冬合宿(長野野沢温泉)<2月6~8日>
平成20年度
 夏合宿(名古屋)<9月1~3日>



早稲田祭
 毎年11月に実施される早稲田祭。平成20年に初めて参加!

平成20年度


ハイク
100キロハイク ※下線部をクリックすると詳細が見られます
 毎年5月に実施される、本庄キャンパス(埼玉県)~早稲田キャンパス間を2日かけて歩き通す行事「100キロハイク」(早稲田大学早稲田精神昂揚会主催)に参加することは、学食研究会の伝統となっている。
 
平成11年度(たぶん参加)
平成12年度(たぶん参加)
平成13年度
平成14年度
平成16年度
 2年ぶりに復活するも、学食研暗黒時代突入により翌年から2年間参加せず。
平成19年度
 3年ぶりに参加。
平成20年度
 
鉄道沿線ハイク ※下線部をクリックすると詳細が見られます
 第1回:山手線一周ハイク<平成19年4月29日(日)>
 第2回:東急東横線ナイトハイク(前編後編<平成19年10月20~21日(土~日)>
 第3回:東急田園都市線ハイク<平成20年3月20日(木)> 雨天中止
 第4回:都営地下鉄大江戸線ハイク(<平成20年4月29日(火)>
 第5回:東急田園都市線ナイトハイク<平成20年10月24~25日(金~土)>



学食ゼミ
 第1回:生協食堂<平成20年5月20日(火)>
 第2回:学食調査書と評価<平成20年6月21日(土)>
【2008/01/13 12:00 】
大学別索引
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。