スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
2008 3/15 日本大学工学部キャンパス
日本大学工学部 (64)


 お久しぶりです。構成員Jです。

 青春18きっぷが余ったので、3月15日(土)~17日(月)に福島県・山形県に行ってきました。16日の途中からはもう1人とともに、自主活動をしてきました。日本大学工学部、福島大学、福島県立医科大学、山形大学小白川キャンパス・米沢キャンパスを回りましたので、報告を載せます。



 全国各地にキャンパスをもつ日本大学。福島県郡山市にある工学部キャンパスはその北限であり、JR東北本線・水郡線の安積永盛(あさかながもり)駅が最寄りとなります。

安積永盛駅

安積永盛駅 (4)


 駅前はローカルな感じですが、日本大学とは反対側の国道4号線沿線にはお店が集中しています。


 安積永盛駅と大学は20分ほどありますので、郡山駅からバスを使う方が一般的なのかもしれません。しばらく歩くと、非常に目立つ風車が現われました。

日本大学工学部 (63)


 工学部のキャンパスだけあって、「第20回都市公園コンクール」の企画の一環のようで、キャンパス内にはビオトープのある公園もあります。

日本大学工学部 (47)

日本大学工学部 (49)


 ちなみに、付属の日本大学東北高等学校が同じキャンパス内にあります。まあ、とにかく広いキャンパスですね。

日本大学工学部 (39)

日本大学工学部 (51)

日本大学工学部 (7)


 特徴的なのが、各建物に大きく「○号館」という表示されている点であり、目立つので分かりやすいです。初めて来た人が迷うリスクを軽減してくれています。

日本大学工学部 (37)

日本大学工学部 (19)

日本大学工学部 (9)



 さて学食報告ですが、春季休業中の土曜日なので営業していませんでした。キャンパス内には2ヶ所に3つの食堂があるので、概要を報告します。

 「ハットNE」というガラス張りの建物は、1階が学生食堂(レストラン)、2階がカフェ売店(カフェテリア)となっています。

☆ 基本情報
 食堂名:1階=学生食堂 2階=カフェ売店 (運営:サンフーズコーポレーション)
 会計:1階=食券、2階=不明
 品数:1階=58品、2階=不明
 座数:1・2階合計で1410席(掲示物記載情報)
 営業時間:1階=不明、2階=平日10:00~17:00、土曜=10:00~14:00
 下膳設備:不明

日本大学工学部 (38)

日本大学工学部 (25)
1階

日本大学工学部 (29)
2階

日本大学工学部 (32)
売店もあり

 4月1日から値上げを行うそうですが、それでも特に麺類やカレーは安めです。まあ、立地を考えれば東京都内の大学との比較は難しいですが。


 続いては「スカイレストラン」です。

☆ 基本情報
 食堂名:スカイレストラン(運営:サンフーズコーポレーション)
 会計:不明
 品数:不明
 座数:98席(掲示物記載情報)
 営業時間:平日=10:00~15:00(14:30ラストオーダー) 土日祝日は休業
 下膳設備:不明

 55号館(情報研究棟)8階にあります。

日本大学工学部 (50)

日本大学工学部 (43)


 この後は福島大学を目指すべく、安積永盛駅に戻り、東北本線でさらに下りました。

執筆:構成員J


スポンサーサイト

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

【2008/03/31 08:56 】
福島
2008 3/14 サンカルロス大学(フィリピン)
とりあえずめっちゃひろい。サッカーコートだか、色々あった。道路があって、小山みたいなのもあって、普通にでかい公園のレベル。てか高低差もあるんで、普通にハイキングが出来る。
南山(大学)と提携しているらしい
ツアーの一環でいったため、学食については詳しく調べられなかったが、欲しいものを選ぶタイプのようだ。大体50ペソ(140円)くらいみたい。

海洋生物を専攻している学生と会話。
聞くに、学食は高いから外で食うことも多いとか。
因みに私立だそうだ。
フィリピンは私立がいけてて、国立でいけてるのはごく僅か。私立は国立の学費の5倍だそうな。
車で来てる金持ちの学生も結構いるみたい。
構内を走るスクールバスが7台あるらしい。
ナース棟や生物棟を見させてもらったが、標本があったり程度で、特に取り立てるところはなさげか。
六本足の動物とか見た。
サンカルロスはまじめな学生が多いという印象を受けた。

執筆:ハヤツ

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

【2008/03/30 14:00 】
海外
2008 3/14 セブ大学(フィリピン)
3月30日10:04画像を追加しました


セブ大学2


入り口にセキュリティーガードがいたが、普通に入れた。
大学は9階の建物(地上階を含めると10階)一つ。
ドーナツ型で真ん中が吹き抜けになっているんで(天井までぬけてる)皆中心を向いて休憩していた。
エレベーターで上にあがろうとして、まっていたら、ボタン押しているにも関わらず何故か華麗にスルーされた。
学校の裏みたら大衆的な民家が見受けられた
下の階(地上階と一階)は私服が多いが、上の会に行くと白服の学生が増えた。てか白服しかいない。
一部五階辺りで青服が増えた階があった。
教室にドアはなく、普通にはいれる。
外とか休憩してる奴らの声でまじうっせえのによくこんな状態で授業できるなと思った。
小学生も存在。屋上階で小学生に話しかけてみたら、英語わからん言われた。

セブ大学学食

セブ大学


人参入った肉
シュウマイ二つ
春巻き
ご飯
ブコジュース(見た目ココナッツみたいなの)

で67ペソ(約180円)
自由に選んで支持して店員にとって貰うスタイル。
こちらの相場よりちょっと高いかも。
てか隣の人とかパンとジュースだけとかだったからオレがちょい頼みすぎかも。

肉は柔かくてうまかった。
米はぱさぱさ。東南アジア系のあの味ね。水っぽさがないやつ。
シュウマイも普通にうまい。日本人がすきそうなあじ。えびだかが入ってた。
ブコジュースは中になんか白い果肉がはいってた。
春巻きは甘かった。フィリピンの名産である焼きバナナが入っていたようだ。

因みに、余談だがフィリピンの飯は総じてうまい。
アジアの中では最高レベルなんじゃないか、と思う。くえねえのないし。

んで、他の生徒に接触を試みるべくあえてそいつの正面に座ったのだが、このレポートを書いている間にきえちった。
てかそいつパンと飲み物のごみ置いてった。暫くしたら店員が片付けてた。
あとで知ることになるのだが、これが普通のスタイルらしい。おいてっていいみたいね。

その後、ゲイの二人組みに話しかけられる。
韓国語で話しかけられて日本人だと答えた。あとで聞くにどうやら韓国から英語の勉強をしにくる韓国人が結構おおいみたい。
彼らを向かいいれて三人で放すことに。
聞くに白服は看護学校の学生らしい。彼らの学科はよくわからんが、2年後にホテルマンになるそう。
年齢は18,17だった。
17の対面に座った人は良く話しかけてきた。
学食には時々来るそうな。
セブ大学は小学校、高校、大学が入っているとか。こっちは小学校6年、高校四年、大学四年だとか。中学ないみたい。故に彼らは大学二年のようだ。あと、女装した彼らの写真を見せてもらった。

以上。

執筆:ハヤツ

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

【2008/03/29 23:04 】
海外
2008 2月 台湾大学
台湾大学3
どうもメリです

自主活動として台湾大学行ってきました


紫菜麺は薄味の海苔うどんでした。


広くてまったりした雰囲気でした。

日本よりも開放的で一般人とみられる人もちらほら。

基本的に台湾は食器類が使い捨てで環境によろしくないね。
れんげまでプラスチックの使い捨てでした。

正門



台湾大学1



台湾大学2



テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

【2008/03/28 11:27 】
海外
2008 3/14~16 静岡大・名古屋大・南山大・九州大・長崎大・佐賀大・熊本大
 自主活動ということで3月14日(金)~17日(月)、さんが東海・九州の各大学を2泊4日(車中1泊)で巡ってきました。

日程表

1日目

東京→静岡大学(静岡)→名古屋大学(東山)→南山大(名古屋)―<新幹線>→博多泊

2日目

九州大学(箱崎)→長崎大学(文教)→平和公園・オランダ坂→佐賀泊

3日目

佐賀大学(本庄)→熊本大学(黒髪)→熊本城―<寝台特急はやぶさ車中泊>

4日目

  東京着

報告

静岡大学静岡キャンパス

山の上。まじいなか。通いたくない。雰囲気は微妙。学食やってなかった。

名古屋大学東山キャンパス

超広い!雰囲気も開放的で新しく、かつ落ち着いたかんじ。豊田講堂がりっぱだった。
名古屋自体も洗練されたかんじで(・∀・)イイ!!
学食は一部メニューしかやってなかった。あんま名古屋っぽいメニューはなかった。
『DX(デラ)豚丼』というメニューがあって禿しくワロタwww不謹慎すぎだろwww

南山大学名古屋キャンパス

山の上。外人がフリスビーしてた。学食はすでに営業終了。一つはカレー専用の学食だった。特に変わったメニューはなし。雰囲気はまあまあ。

九州大学箱崎地区

文系学部がすみっこに追いやられている。一橋っぽい建物が結構あった、一方で古くてもう使用されていない伝統的な建物もあった。農学部あるんだね。

長崎大学文教キャンパス

意外に活気があった。広くはない。学食は営業時間外…。変わったメニューはなし。

長崎市内観光

長崎県は非常に良かった!海沿いを電車が走っていて、ハウステンボスも見れ、まじでいい。街も路面電車が走っていて、ローカル臭を出しつつも程よく発展していた。オランダ坂は『え、どれがオランダ座っすかwww』ってかんじ。平和公園は像を一目見て帰った。出島は港町ってかんじ。

佐賀大学本庄キャンパス

いたってフツーな広い国立大学。川が流れていた。
佐賀県は超○わってた。千葉県松戸市より田舎だった。
糸冬了。

熊本大学黒髪北地区・黒髪南地区

なんとか講堂が赤レンガづくりでかつICUっぽい雰囲気を出していた。結構活気溢れており、学食も茨城大学の雰囲気を明るくした感じでいい味だしていた。メニューは熊本ラーメンがあったくらいで他は普通。スイーツ(笑)は今回まわった中では充実してたかも。理工学部は新しかった。熊本城も行ってきた。10分で帰った。日本史受験&得意科目だったのに史料はすべてスルーwww

帰りは熊本から寝台列車。
良かった、まさに旅という感じがした。寝心地も良かった。

執筆:わ
編集:構成員J

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

【2008/03/27 10:40 】
雑談
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。