スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
2008.5.27 立正大学大崎キャンパス(カフェテリアRISSHO)
立正大学大崎 (33)


 5月27日(火)、星薬科大学での自主活動の後、立正大学大崎キャンパスで公式活動を行いました。

 大崎キャンパスは東急池上線大崎広小路駅やJR線の大崎駅・五反田駅が最寄りです。心理学部・経営学部・経済学部・文学部・仏教学部が使用しています。地球環境科学部・社会福祉学部・法学部は「熊谷キャンパス」なので、学部割れ大学ですね。相当場所が違いますね…。

 大学名の由来は日蓮の『立正安国論』からきている、ということから分かるように、日蓮宗系の大学だそうです。

 早稲田大学出身の石橋湛山は、内閣総理大臣在任中を含め16年の長期に渡って第16代学長を務め、現代の立正大学の礎をつくったそうです。本当に色々なことをやっている方だったんですね~。

立正大学大崎 (11)


 さてキャンパスの紹介です。平成4年の創立120周年を期に、大崎キャンパスは再開発が行われたそうで、そのためか綺麗な建物だらけです。

立正大学大崎 (26)


 こちらの11号館(総合学術情報センター)はネットカフェになっています!

立正大学大崎 (7)
右側がネットカフェ

 もちろん普通のネットカフェのように、四方が囲われたブースになっているわけではないようですが、早稲田にあるようなPC端末室とは全く違う感じがしますね。ミスタードーナツも入っているようです。

 また、ドトールコーヒーもあります。

立正大学大崎 (9)


 ドトールコーヒーと同じ6号館の1階に、いわゆる一般的な学食がありましたのでここを調査しました。ちなみに、4月7日にハヤツさんが自主活動として調査していますので、合わせて掲載します。

☆ 基本情報
 食堂名:カフェテリアRISSHO 東京ケータリング(株)立正大学店(運営=東京ケータリング(株))
 会計:食券
 品数:不明
 座数:174席
 営業時間:平日=10:00~20:00、土=11:00~20:00 ※ラストオーダーともに19:30 日祝=休業
 下膳設備:ベルトコンベアー方式

立正大学大崎 (14)

立正大学大崎 (10)
サンプルを食べないようにしましょう。

立正大学大崎 (16)


☆ 調査結果
パワーランチ(500円)

立正大学大崎 (19)


朝から何も食べていなかったからかもしれないがおいしかった。
鶏のフライが2つ入っていたので1つを牛肉にすればなおよし

雰囲気
髪の毛の色が明るくて多色でまぶしかった。

味:4 量:4.5 安さ:4 雰囲気:3 健康:3 平均:3.7

調査員:横井





スペシャルカレー(430円)

立正大学大崎 (20)


からあげの破壊力がでかいね。
赤みがかった毒々しいカレーは梅干しのような味でした。見た目のバイアスかもしれませんが。

雰囲気
二松学舎や共立屋かと同じような雰囲気な気がしました。偏差値のバイアスかもしれませんが。

諸情報
キャンパスの構造がドラクエのダンジョンみたいで面白い。

味:2.3 量:4 安さ:3.5 雰囲気:3.5 健康:1.5 平均:3.0

調査員:勝川





橘ランチ(定食)(400円)

立正大学大崎 (17)


鯖フライトマトカレーソースという品らしい。鯖の大きさが半端無く、皿からはみ出すくらいだった。骨が多くて多少食べづらいが味はよい。御飯、味噌汁で400円なので値段の方も納得がいく。

雰囲気
ビルの中の食堂で、少し落ち着かない。閉店間際でも人は多かった。都心キャンパスの最たるものだった。

諸情報
山手線大崎駅北口から徒歩4分。
6号館1Fの食堂。

味:4 量:4.8 安さ:3.8 雰囲気:2.4 健康:3.2 平均:3.6

調査員:㊥





きつねそば(320円)

立正大学大崎 (18)


ネギがやたら多い。前の人は「わかめそば」(320円)を注文していたが、同じくネギがやたら多かった。尚、きつねそばにわかめは添付さない。
味は総じて普通としか言えない。きつねそばでこの値段は高い。
ネギが多いということで記憶に残るきつねそばではある(ネギが多いので健康点プラス)。

雰囲気
新しいようで綺麗な雰囲気。それに伴って、学生の姿も奇抜な感じ。夜なのに人が多い。ややテーブルとテーブルの間隔が狭く、ゆとりがない。ただ、下の階の席で食べても良いとのこと。

諸情報
レディースセット(400円)というものがあり。
外でスケボーをやっている集団がいた。

味:3 量:2 安さ:2 雰囲気:4 健康:4 平均:3.0

調査員:構成員J





<平成20年4月7日>

パワーランチ(500円)

4月7日:立正大学(ハヤツ氏)


ハヤシライスとんかつご飯キャベツにわかめスープがついてくる
結構量があり、普通にうまい
特にハヤシライス
とんかつは若干冷たいし普通だがハヤシライスと混ぜるとんまい

雰囲気
坂道の途中に立ってる結構キレイな建物
正門に警備員がいて入り口からいきなり階段
二松学舎に似てるかも

正門入って右奥の六号館学食に行った
一階のはずが階段上った。
地上階はB1の扱いなんだろうか?

食券制
ただ、正規の入り口から入らなかったため、はじめわからんくて、食券無しで注文しちったw

飲み物は冷水(お好み・定量)、お湯(お好み・定量)お茶(少なめ・定量)

地味に茶があましうまくない気がした。
学食も明るくてキレイ
液晶テレビがついていた。

なぜか学生の帽子率が高い(ニットとかB系のにーちゃんたちがかぶってるちゃらい系のあれね)
下膳口はベルトコンベアー式

後々気づいたが正門右の坂道を登ってすぐ右行けば食堂着くわ。

(点数記入なし)

調査員:ハヤツ





 点数を記入した4名の平均値です。

味:3.32 量:3.83 値段:3.33 雰囲気:3.23 健康:2.93 平均:3.33


 久しぶりに学食を利用する学生の方に、インタビューをしてみました(幹事長が)。どれが美味しいですかと聞いてみたところ、「ラーメン」「かまたまうどん」ということでした。

 又、学食は混むから外の飲食店で食事をすることが多いと言っていました。駅がすぐ近くの便利な立地なので、学食も含め色々な店が選択できそうですね。

執筆:構成員J



スポンサーサイト

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

【2008/06/21 21:04 】
東京23区
2008 5/27 星薬科大学(ステラ)
星薬科大学 (6)


 平成20年5月27日(火)、東京都品川区荏原にある星薬科大学(ほしやっか)へ行きました!校名の星薬科は、創立者の星一(ほしはじめ)という名前から取っているそうです。昭和25年(1950年)に創立されました。校名通り、薬学部のみの単科大学です。

 最寄駅は東急池上線戸越銀座駅と都営浅草線戸越駅。賑やかな戸越銀座商店街を通って通学できます。

戸越銀座駅 (6)


 また、若干遠いですが東急目黒線武蔵小山駅も最寄駅の1つです。

 実は今回の訪問は、残っている記録によれば平成12年9月21日以来の約8年ぶりです!歴史を感じますね…。当時はメンバーの家がすぐ近くにあったので、訪問することになったそうです。



 単科大学なのであまり広いキャンパスではありませんが、正門が非常に立派です。

星薬科大学 (3)


 ただ、上の門からしばらくは公道のような道路が続くので、その先の門が本当の正門なのかもしれません。

星薬科大学 (5)


 キャンパス内は小ぢんまりした、落ち着いた雰囲気です。サッカーをやっている人もいました。

星薬科大学 (8)

星薬科大学 (9)

星薬科大学 (21)


 最大の特徴は、構内に薬用植物園が併設されていることでしょう。さすが薬学の大学ですね。

星薬科大学 (34)


 学食が入っているのは、こちらの「新星館」という建物です。地下1階地上7階建てで、平成13年夏に完成しただけに綺麗です。購買や図書館も入っています。

星薬科大学 (30)


 それでは学食調査です。単科大学では珍しく、生協が経営しています!

☆ 基本情報
 食堂名:ステラ(運営=生協)
 会計:レジ
 品数:19品(夕食)
 座数:204席
 営業時間:平日=11:30~13:30/17:30~19:30
 下膳設備:昼=ベルトコンベアー方式、夕=セルフ分別方式

星薬科大学 (22)

星薬科大学 (23)

星薬科大学 (26)


 昼食営業時のメニューは関東甲信越のた生協と共通のメニューですが、夕食営業時はそれらは扱っておらず、独自メニューを提供しています。

星薬科大学 (27)


☆ 調査結果
醤油ラーメン(320円)

星薬科大学 (29)


おいしい!!めんの量もけっこう多く、いけている。ただ油が多い。

ほうれんそう(0円)

うす味で、健康に良い!!
タダというのが魅力である。

雰囲気
校舎内がいい香だった。薬草園があるからだろう。
学生はおちついている感じ。

諸情報
沖縄フェアをやっていた。ソーキそば(399円)が食べたかったが、昼だけなので、食べれなくて残念だ。

味:5 量:5 安さ:3 雰囲気:5 健康:3 平均:4.2

調査員:とくめい





今日のカレー(チーズカレーコロッケ入り)(400円)

星薬科大学 (28)


きざみチーズとポテトコロッケが入ったカレー。福神漬が必要かどうか尋ねられる。
いつもの生協カレーより、コクがあっておいしいような気がした。違うルーなんでしょうかね。

小鉢1皿をサービスで選べる。健康に配慮していらっしゃいます。

小鉢(大学芋)(0円)

サービスで小鉢を1つ選べる。
甘くておいしい。早稲田の文カフェにはない。

雰囲気
まあまあの広さ。夕食営業時間帯はメニューが大きく異なる。昼は普通の生協と変わらない(フェアもあり)が、夕食時は独自メニュー。
建物(新星館)自体新しめなので、きれい。しかしひとがほとんどいない。

水=水・湯・茶 ボタンを押すと出る機械

味:4.5 量:4 安さ:3 雰囲気:4 健康:5 平均:4.1

調査員:構成員J





 2名の評価の平均値です。

味:4.75 量:4.50 値段:3.00 雰囲気:4.50 健康:4.00 平均:4.15


 夕食営業時はさすが独自路線を取っているだけあって、美味しいですね!もちろん、昼の共通メニューを応用したようなものが多いわけではありますが。

 きつねそばなどが300円と、値段は高めですが、小鉢がサービスで付いてくるので妥当でしょう。何よりも小鉢サービスは、健康への配慮の現れです!

執筆:構成員J



テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

【2008/06/20 19:25 】
東京23区
2008 5/20 早稲田大学戸山キャンパス(戸山カフェテリア)
早稲田大学戸山 (2)


 どうも、構成員Jです。5月20日(火)の「第1回学食ゼミ」の後は早稲田大学戸山キャンパスで調査をしました。このキャンパスは現在3年生以上が在学する第一文学部・第二文学部と、昨年4月に両学部の発展的統合により誕生した文化構想学部・文学部、そして大学院文学研究科が使用しています。

 暗くて分かりにくいですが、現在このキャンパスは建て替え工事中のため、キャンパスの一部がフェンスで覆われていたり、プレハブ校舎が立っていたりします。

早稲田大学戸山 (4)
左の白いフェンスにより、スロープの半分が立入禁止に

 それでは、生協食堂の戸山カフェテリア(通称・文カフェ)の紹介です。

☆ 基本情報
 食堂名:戸山カフェテリア
 会計:レジ
 品数:60品+サラダバーや揚げパンなどなどたくさん
 座数:572席(店内247席+店外325席)
 営業時間:平日=11:00~21:30 土曜=11:00~18:20 日祝=休業
 下膳設備:ベルトコンベアー方式

※品数・座数は平成20年7月23日追記

早稲田大学戸山 (5)



 筆者はこのキャンパスに通っているので、日常的に利用しています。「早稲田ウィークリー」の情報によると、人気ナンバー1メニューはチキン和風おろし(189円)だそうです。「クリームチーズメンチ」(252円)だと思っていましたが…。

 サラダバーがあります。前は1g=1円だったのですが、いつの間にか1g=1.2円(100g=126円)になっていました。あまりにも日常的に使っているので、全く気がつかなかった…。

早稲田大学戸山 (12)


 文学部系キャンパスで女子学生が割と多いため、デザートやケーキ、自分で作れるカップソフトクリーム、ベーグルや揚げパンなどが充実しており、他の生協食堂と一線を画しています。

早稲田大学戸山 (13)
デザート・ケーキケース

早稲田大学戸山 (16)
ベーグルや揚げパン

早稲田大学戸山 (25)
アイスを作る機械

早稲田大学戸山 (7)
オリジナルメニューもよくある

 ホット単品メニューというのもあります。

早稲田大学戸山 (14)


 今から4年前、我々の先輩が一橋大学生協に出したひとことカードに対する回答によれば、このカフェテリアは「厨房機器やウォーマー、冷蔵ショーケース」など設備が整っているそうです(こちらを参照)。


 残念なのは、店内が非常に狭いということです。その分店外に屋根付きのスペースが広く取られていますが、空調が無く外気が入ってくるため、夏は暑く冬は寒いという最悪の環境です。何故こんなつくりにしたのか、利用者としては非常に謎です。

早稲田大学戸山 (6)
店外スペース

早稲田大学戸山 (11)
店内

早稲田大学戸山 (24)
さらに店内

 加えて、下膳設備のベルトコンベアーの食器を置ける長さが短く、大勢の人が一気に食器を片づけられないため、昼休み終了直前などは下膳するために長いこと並ばなければなりません。なので、慶應日吉や日本女子大目白の三段式食器トレイ回収機は最強だと思います(こちら参照)。

早稲田大学戸山 (21)


☆ 調査結果
カルボバーグ(202円)

早稲田大学戸山 (19)


名前がカッチョいいからおいしいのかと思いきやごはんとみそ汁に合わない。

ライスM(105円)

ごはんだけでおなかいっぱい

みそ汁(31円)

口から胃へ流れるように飲める。
それだけ私の体に合っているらしい。

雰囲気
みんなおしゃべりして楽しんでた。

諸情報
和食党の人間がカルボバーグを食べていると痛々しい…。お茶碗持ちながらみそ汁飲んで箸でポテト…目に涙…(泣)←平成になりきれない昭和の一家ってこんな感じなのかな。

味:5 量:5 値段:5 雰囲気:4 健康:5 平均:4.8

調査員:N





サラダうどん(399円)

早稲田大学戸山 (18)


もっちりとしたメンに甘いつゆの夏の生協定番メニュー。今年もお世話になりそうです。温泉たまごを割るか、まるごと食べるか、にイデオロギーが出ます。

雰囲気
夜でもにぎやか。夜の帝王、二文生の時間ってことですね。
外の天井ガラス張りのスペースは開放感があるがゴミが散らかってたりして汚らしい。

諸情報
雑穀ごはんや揚げ物各種、ベーグルにサラダバーなど、生協学食ではかなりのサービスを備えています。優良食堂。

味:4 量:2.8 値段:3 雰囲気:4 健康:4.3 平均:3.6

調査員:勝川





さっぱりおろし焼肉(294円)

早稲田大学戸山 (20)


まったく「さっぱり」でない。脂肪のかたまりで3口目で「うっ」ときた。二度とたのまない。きもちわるい。ちょっとはきそう。キャベツの量を増やしてほしい。あぶらは妙に多い。いらない。

サラダバー(93円)

 カボチャとポテトと杏仁をものすごく少量ずつとったのにこの値段でショックを受けた。焼肉のあぶらで気持ち悪くてもう味どころではなかった。

雑穀ごはんSS(84円)

 雑穀というほど種類が入っていたとは思えない。玄米が見あたらない。値が上がる割にきび率が高すぎる気が。

雰囲気
夜なのに人が多い。ほどよくガヤガヤ。

諸情報
種類が所キャン(早稲田大学所沢キャンパス)より多い気がしてうらやましいが、今日のメニューは完全にハズレだった。値段がはったのにも関わらず健康に悪い感じだった。とにかく吐きそうで気持ち悪い。

味:1.9 量:2.2 値段:2.2 雰囲気:2.4 健康:2 平均:2.1

調査員:りーこ。





メガプレート(メキシカン)(598円)

早稲田大学戸山 (17)


ハンバーグ・コロッケ・空揚げ2個・温泉玉子・麻婆豆腐みたいなもの・サラダ・ライスが同じ皿にのっている。
名前の通り、量が非常に多い。多すぎて、りーこ。さんより食べ終わるのが遅くなった。1325カロリーなので体によくなさそう。
味はそれぞれまあまあ。唐揚げは相変わらず生姜の味が強くややいまいち。最近思ったが、生協のハンバーグの味が前より美味しくなった気がする。

雰囲気
私のふるさと。いつも通りの感じ。しかし7限終了後(21:10)になると急に人が増えてきた。すごい需要の高さだと感じた。
狭苦しく、屋外スペースは最悪なので雰囲気点は低い。

諸情報
注水機で手を洗っている(水に浸している?)女性がいた。

味:3 量:5 値段:3 雰囲気:2 健康:2 平均:3.0

調査員:構成員J





 4名の評価の平均値です。

味:3.47 量:3.75 値段:3.30 雰囲気:3.10 健康:3.33 平均:3.39


 まあ標準的ですね。ただこの数値はなかなか「サービス」面が反映しづらいので、ケーキやベーグルなどなど様々な特色あるメニューを出している点を考えると、優秀な生協食堂の1つだと思います(お店のつくりを除いて)!

執筆:構成員J



テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

【2008/06/19 15:47 】
東京23区
第1回学食ゼミ「生協食堂」(2008.5.20)
 この度、学食研究会では「学食ゼミ」なるものを開始しました!

 これまで学食研究会の活動は学食を調査して、ネット上にアップしたり本を出版したりすることで成果を発表し、最終的にはランキングを作る、というのが主な活動でした。

 しかし折角「研究会」を名乗っているのだから、学食に関するテーマを定め、お互いに発表しあうなどのゼミナール活動をしてもっと研究をしてみよう、ということで「学食ゼミ」を行うことになりました。


 今後月1回程度の割合で実施する予定で、いわゆる定例会が無かった学食研究会にとっては初の定例会という位置づけにもなります。もちろん参加必須では無いですし、ただ聴講しているだけでも構わないというものです。






 <第1回学食ゼミ>
  ・参加者=8名(発表者はうち2名)
  ・場所 =早稲田大学新学生会館E238
  ・テーマ=生協食堂

 2名の発表者の報告の後、討論等が繰り広げられましたが、ここでは発表の概要若しくはレジュメを掲載します。




①生協の学食(発表者=勝川幹事長) ※概要を掲載

●生協食堂のメニューの特徴

 1.基本は組み合わせ

 ・メガプレート
 ・カルボバーグ   →いずれも食材の組み合わせ命
 ・マーボーカレー    =使い回し
                 →賢い方法(家での料理に応用可=料理の基本)

 2.カフェテリア方式

  カフェテリア方式(自分で好きな物を選ぶ)=定食を自分で作る
                        →本来生協に定食はいらない

●「食のレプリカ」

 生協のラーメンのスープ=タレ+ただのお湯(※戸山カフェテリア従業員情報)
    →本来の「スープ」ではない
      →生協のラーメンは所謂本物の「ラーメン」ではない
        →「食のレプリカ」




②生協食堂のサービスについて(発表者=構成員J) ※レジュメを掲載

1.本発表のねらい

学食研究会の活動で学食を巡る際、運営業者が生活協同組合(生協)であると落胆する声が聞かれる場合がある。しかし、生協は味においては差がないが、そのサービス等で様々な違いがみられ、他生協食堂への訪問は実は意義あるものである。

そうした生協食堂のサービスの違いと、それに関しての学食研での評価の在り方について考えたい。

2.生協食堂への学食研の評価

 平成19・20年度学食研ランキング(全88食堂)における評価 ※5月19日現在

  ・総合評価=ベスト10には新潟大学(五十嵐)第1食堂(第8位)のみ
  ・味の評価=最高は第14位の新潟大学(五十嵐)第1食堂
  ・雰囲気 =第3位:千葉大(西千葉)第2食堂、第5位:神戸大(六甲山)ベルボックスカフェテリア、第10位:東京外国語大さぼおる

    →箱モノへの評価は高い店が多いが、味などの質が追い付いていない

3.様々なサービス

 ・双方向性の重視
   組合員制度、ひとことカード
 ・毎月のフェア
   全国に組織のある生協ならではの強み
 ・量り売り制度
   早稲田大(戸山)戸山カフェテリアのサラダバー
   東京外国語大さぼおるの終日ビュッフェ方式
 ・セット販売やみそ汁サービス
   茨城大(水戸)水戸食堂=主菜にライス・味噌汁をセットして販売(割引)
   新潟大(五十嵐)第1食堂・東京工芸大(中野)ルネッサンス=味噌汁サービス
     ※新潟大第1食堂の味噌汁サービスは現在はなくなった
 ・オリジナルメニュー
   東京電機大(神田)7号館の「電大特選セット」など
 ・ドリンクバー
   新潟大(五十嵐)第1食堂
 ・オードブルの販売・配達
   東北大(川内北)第1食堂コンパ弁当部
   山梨大(甲府) など

4.結論

 ・生協のサービスについて
   特に地方国立大学生協でサービスの充実が見られる
    →大学周辺環境により生協への依存度が高いためか

 ・学食研の評価について
   サービスを評価する特典項目が無い(←評価基準の難しさ)
    →サービスをよく確認することや積極的に評価していくことが求められる

※「平成19・20年度学食研ランキング」は本年秋~冬に発表予定です






 まだまだ我々の調査が甘く、考察も不十分な点があるとは思いますが、今回、そして今後のゼミで吸収した知識を活用し、さらに経験を積むことでより充実した研究成果を出していきたいと考えております。

執筆:構成員J


テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

【2008/06/18 12:55 】
学食ゼミ
2008 5/15 東京大学駒場キャンパス(ルヴェソンヴェール駒場)
東京大学駒場 (9)

 
 5月15日(木)、東京大学駒場キャンパスへ行ってきました。今回ここで我々が食べたものは、何とフランス料理です!!

 近年、9年に及ぶ我々の地道な活動の成果が出てきたのか、学食が非常に注目をあびていますが、テレビや雑誌で学食の特集が組まれる度に登場するのが、ここ東京大学駒場キャンパスの「ルヴェソンヴェール駒場」です。今回はディナーを頂きましたが、ランチは比較的安価で楽しめます。


 京王井の頭線駒場東大前駅東大口を出ると、すぐ目の前にある正門(上の写真)。

東京大学駒場 (8)

東京大学駒場 (11)


 そこから左の方へ進むと、掲示板などを越えていくと、「ファカルティハウス」という建物がひっそりと立っています。ここの1階が「ルヴェソンヴェール駒場」、2階は「ファカルティクラブ橄欖(かいらん)」というお店になっています。

東京大学駒場 (35)


 1階の「ルヴェソンヴェール駒場」は本格的フレンチをカジュアルに、2階の「ファカルティクラブ橄欖」はクラシカルに頂く、というのがそれぞれのコンセプトだそうです。

 では、我々の調査結果です。ただ、我々は普段は学食の500円を切る安いご飯や、吉野家の380円の牛丼並盛で食事を済ませているような貧乏学生のため(一部の方は違うようですが)、こういった本格フレンチを食べて正当な批評が出来るわけがありません。

 そのため、単なる貧乏人が高級フレンチを食べるとこういったどうしようもない感想を抱くんだ、という程度のことをご理解頂く感じでお読み頂ければと思います。

☆ 基本情報
 食堂名:ルヴェソンヴェール駒場(運営:(株)円居)
 会計:レジ(後払い)
 品数:不明
 座数:約66~70席
 営業時間:ランチ=11:00~14:30 ディナー=17:00~21:00 ※無休
 下膳設備:お店の方が下げてくれる

東京大学駒場 (38)


☆ 調査結果

 全員「今月のおすすめ」コースを注文。お好みのデザート付(2500円)orデザートなし(2000円)に分かれており、ともに以下の①~④(⑤)が出てくる(それぞれ選択)。

  ①本日の前菜盛り合わせor本日のスープ
  ②フランスパン(お替り自由)
  ③自家製ハムのグリエとリヨネーズ風ポテトorサワラのムニエル、香味風味
  ④紅茶orコーヒー
  ⑤デザート:チョコレートのタルトorパリブレストorクレームキャラメルorグレープフルーツのムース


①本日の前菜盛り合わせ

東京大学駒場 (45)


色々来た。うまいのかどうか…。

②パン

東京大学駒場 (43)

 フランスパンが2種類。食べ放題である。
お代わりの際は焼きたてであった。フランスパンは固いだけなので好きではないのだが、アツアツだと意外と美味しいね。味は安いものとどう違うのか、私には分からなかった。


③自家製ハムのグリエとリヨネーズ風ポテト

東京大学駒場 (48)

 ハムのステーキとポテトが来た。ハムはマスタードソースをつけて食す。
これは非常に美味しい!ハムが分厚い。

④紅茶

東京大学駒場 (53)

 ふつう。

雰囲気
リッチな空間であり、ピアノもある。そんなに広くは無い。客が我々の他にはもう1組しかいない。
担当のウェーターは新人の方だったようである。

諸情報
遂にルベソンヴェール駒場にやってきました!
伝票は全てフランス語で記してある。

味:4 量:3 安さ:4 雰囲気:5 健康:3 平均:3.8

調査員:構成員J





①本日の前菜盛り合わせ

前菜はイマイチ。

②パン

③自家製ハムのグリエとリヨネーズ風ポテト

 メインのハムはおいしかった。

④紅茶


雰囲気
本郷よりも小さいのかと思いきや、随分広く感じられた。
やはり東大なだけに落ちついた知的な感じが漂っています。

諸情報
今回行ったレストランは高級感があり、とても学食とは思えず、少し緊張してしまった。

味:3.5 量:2.5 安さ:1 雰囲気:4.5 健康:3.5 平均:3.0

調査員:ヒロキ(´д`)





①本日の前菜盛り合わせ

見た目がかわいかった
ドレッシングがビネガーでおいしい♪

②パン

③サワラのムニエル、香味風味

東京大学駒場 (47)


ソースが優しい味。
焼いた?トマトが甘くておいしい!

④紅茶

⑤クレームキャラメル

東京大学駒場 (51)


のーこー
カラメルすき

雰囲気
もう少し暗い方が良かったかなー?
大学内にしてはすごい☆

味:4 量:3.5 安さ:2 雰囲気:3 健康:3 平均:3.1

調査員:みきゅ





①本日のスープ

東京大学駒場 (46)

②パン
 
③サワラのムニエル、香味風味

④紅茶

 
スープは前菜の盛り合わせ、サワラのムニエルはハムステーキと選択可能。味は…美味い。てかこの値段でマズかったら切れております。久しぶりに高級レストランの味というものを経験した。

雰囲気
非常によい。高級感あふれるレストラン。ただ、自分の肌には合わず、無消にジャンクフードが食べたくなった。

諸情報
京王井の頭線駒場東大前駅より徒歩4分ほど。普通の学生向けの食堂もある。

味:4.7 量:1.1 安さ:2.2 雰囲気:5 健康:2 平均:3.0

調査員:㊥





①本日のスープ

たぶんカボチャのポタージュだと思います。おいしかったです。

②パン

最初に来たパンはふつうでしたが、おかわりのパンはほかほかでおいしかったです☆

③サワラのムニエル、香味風味

お魚の上にのっているトマトとカリフラワーはおいしかったです。お魚はちょっと油っぽいかなと思いました。

④紅茶
 
⑤クリームキャラメル

見た目もかわいく、おいしかったです。

雰囲気
落ち着いていて楽しめました。

味:4 量:3 安さ:2 雰囲気:4 健康:4 平均:3.4

調査員:あきえ





①本日の前菜盛り合わせ

あっさり

②パン
 
③自家製ハムのグリエとリヨネーズ風ポテト

 おいしいかな。分からん。

④紅茶

 最後の締め。

⑤パリブレスト

東京大学駒場 (50)


 うまい!

雰囲気
落ちついた感じ。さすが東大!

諸情報
キャンパスも落ち着いた感じ。さすが東大!

味:2 量:1 安さ:2 雰囲気:4 健康:3 平均:2.4

調査員:こ





 それでは、6名の評価の平均値を出してみます。

味:3.7 量:2.35 値段:2.20 雰囲気:4.25 健康:3.08 平均:3.12



 高級フレンチレストランを擁するだけあって、構内には幻想的な建物が多く見られます。

東京大学駒場 (13)

東京大学駒場 (16)


 こちらは一般学食や生協購買です。建物が非常に綺麗ですよね。

東京大学駒場 (24)


 この建物を見ると東大駒場は非常に綺麗だな~という感想を抱くのですが、知り合いの東大生にこう言ってみたところ、そうでもないと否定されました。

 確かに、別の場所に目を転じると国立らしい古い建物も見られますね。

東京大学駒場 (26)
五月祭の準備をやっているようでした。

東京大学駒場 (27)

 

執筆:構成員J



テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

【2008/06/17 13:55 】
東京23区
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。