FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
幹事長の百キロハイク 早稲田精神編
幹事長の百キロハイク、今日で最後です。そのテーマは早稲田精神です!!!

百ハイ百ハイと言うけれど、百ハイの良さは何なのか!?というと、早稲田精神を抜きにしては語れません。そもそも百ハイを主催しているサークルが早稲田精神昂揚会というところですからね。ちなみにこれは「早稲田精神」を昂揚するサークルであって、早稲田の「精神昂揚会」では無いです。精神昂揚会っていうと怒られます。


じゃあ早稲田精神って何なのか!?っていう話になりますけど、昂揚会の顧問の古賀先生の言葉を借りると

「百キロ歩くという一見ムダに見える行為に本気になれる」

ことが1つの早稲田精神だと思います。

「世の中で起きることはすんなりうまくいかないことの方が多い。だから時には合理的な考えを捨てることが大事。何でも合理的に考えるヤツは、本郷に行ってしまえば良い!」

全くもってその通りです。


事実本郷の大学に通うK子は2区の前半であっさりとリタイアしました。しかもリタイアする時のK子には若干の笑みがこぼれました。

まあ所詮他大学の行事ですからね。早稲田精神なんて全く興味無いでしょう。

他大だから興味が無いというのは語弊が生じる表現です。何故なら、他大では無い人々である一般的早大生は早稲田精神などというものをカケラも意識しないからです。早稲田は愛校心の強い大学ですが、全員が全員早稲田大好きかというと全くそんなことはありません。むしろ最近は早稲田大好きなどという学生はマイノリティです。


一方で、今回の百ハイ、学食研究会の明治大生2名は完歩しました。

彼らには早稲田精神があるんだと思います。いや、明治精神の力で歩いたのかもしれんけどね。

とにかく、百キロ歩くという行為に本気で向き合える人間は、早稲田的だと思うんです。あえてここで目の敵にしますけど、本郷に通うK子にとっては百キロ歩くという行為はバカバカしく映ったんではないでしょうか。


K子は百ハイにはもう2度と出たくないと言っていました。私は百ハイをリタイアした日、次の百ハイでの完歩を誓いました。なんかもう人間として相容れないものを感じますよね。


早稲田大好きな私にとって百ハイはサンクチュアリです。百ハイに行けば早稲田大好きなヤツらが歩いているし、スタッフをやっている。来年はその集大成として、レベルの高いコスプレで締めたいですね!


執筆:勝川幹事長


スポンサーサイト
【2008/06/06 01:15 】
イベント
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。