スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
東京大学本郷キャンパス「中央食堂」
2012年度学食ランキング第5位を獲得した、東京大学本郷キャンパスの学食を紹介します!

東京大学本郷キャンパス

赤門
歴史を感じさせる。
東京大学本郷


安田講堂
この下に中央食堂がある。
東京大学本郷 (23)



☆基本情報

食堂:「中央食堂」
会計:食券・レジ(レジで食券を買う)
品数:多い
席数:多い

内装
吹き抜けがあって広く感じられる。
東大本郷内装


食券手売窓口
食券機もあるが、機械の苦手な方はこちらを利用してみては?
東大本郷1

☆調査結果




赤門ラーメン
390yen

東大本郷2

少し辛いが、意外と量があり、辛さの中にうまみがある。
見た目はマーボー茄子に見えるが、マーボー茄子とは違ってとろみがあり、麺と絡んで美味。

雰囲気
食堂が広く、学生の数も多いので、そのためThe学食といった雰囲気を感じられた。

諸情報
丸の内線もしくは都営大江戸線の本郷三丁目駅から徒歩12分。
安田講堂の地下にある。
メニュー量豊富。
麺ものとご飯もののコーナーが分かれている。

味4.0 量4.3 安さ4.0 雰囲気3.7 健康度3.0




和定
560yen

IMG_1747.jpg


サンマの蒲焼き重。しっかりとしたお重の中央にサンマの蒲焼きが乗っている一品。さらに、マカロニサラダ、ほうれん草のおひたし、味噌汁が付いてくる。さらにさらに、午後5時以降は味噌汁が豚汁に!

雰囲気
何の装飾もないあっさりとした学食。留学生と思しき学生も多数。

諸情報
みかんのつかみ取りをやりました。100円です。

味4.0 量3.0 安さ2.6 雰囲気3.0 健康度3.0




まとめ
安田講堂の地下にあることから、洞窟のような、隠れ家のような雰囲気を味わえる。
学生ではない近隣の方が利用していることから、地域に愛されていることも覗うことができる良い学食。
メニューも充実している。


スポンサーサイト
【2013/06/12 14:19 】
東京23区
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。