FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
東京大学駒場キャンパス「ルヴェソンヴェール駒場」
2012年度学食ランキング第3位を獲得した、東京大学駒場キャンパス「ルヴェソンヴェール駒場」を紹介します!

東京大学駒場キャンパス
「ルヴェソンヴェール駒場」


☆基本情報

食堂:「ルヴェソンヴェール駒場」
会計:レジ
品数:少ない
席数:少ない(お昼時は満席になるので、早めに来店した方がよい)

内装その一
おしゃれ。
DSC_0901.jpg

内装その二
Theフレンチレストラン。とても学内にあるとは思えない。
DSC_0903.jpg



☆調査結果




Aランチ
800yen

DSC_0904.jpg
DSC_0905.jpg


お肉のランチ。お肉はとろけるような食感。味も見た目もまさに本格的なフレンチ。
簡単には表せないような味わいを東大の校内で味わえる。

雰囲気
東大の構内にありながら、大学感を感じさせない雰囲気。中には学生よりもマダムやムッシュの方が多い。


諸情報
駒場キャンパスの正門を入って左に行くとあるが、木々の奥の方に位置するためか、場所が少々わかりにくい。
しかし、迷ってでも行く価値はある。

味5.0 量3.0 安さ2.5 雰囲気4.3 健康度4.0




Bランチ
800yen

DSC_0908.jpg

Bランチは魚料理。この日は鮭のムニエル。ランチには取り放題のパンが付くのだが、そのパンとの相性がとても良い。普段利用するような学食と比較すると800円は高く思われるかもしれないが、出される料理は高級フレンチそのものなので、決してコスパは悪くない。

雰囲気
学内にあるから学食として研究対象にしてはいるものの、実際学食とは言い難い。


諸情報
学生が利用している姿はほとんど見かけない。

味4.8 量3.8 安さ2.9 雰囲気4.5 健康度3.6




まとめ
ランチ800円で本格フレンチが食べられるのは特質すべき点。学生食堂ではないので学食ではないじゃないかとの批判もあるだろうが、学内にフランス料理店を持ってきてしまうところは最高学府たる東大だからこそなせること。ぜひ一度訪れてみてほしい。
スポンサーサイト
【2013/06/12 16:52 】
東京23区
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。